眼力

【眼力】物事の非理、善悪、真偽、成否などを

    見抜く能力。

普段はあまりテレビを見ない私ですが、

たまたまお正月に見た

 

好き嫌いか言う時間

『新春から超々々大激論SP』】

 

という番組で

心に残る内容があったので

お伝えしたいと思います。

 
1月3日の夜でした。
 
【原爆ドームのイルミネーション】
の賛否を外国人を交えて激論(?)していました。
 
番組では賛否両論でこんな感じでした。
 
スタジオでは
好き(賛成)は17人
嫌い(反対)は15人。
 
好き(賛成)派の意見としては
 
◇優しい光でライトアップしているし、
タブーを増やすより知ってもらう事が大事。
◇若い人は知らない人も多いと思うので
若い人に関心を持ってもらえる。
 
◇これを風化させないよう
話題づくりとしての発想は成功だと思う。
 
◇敬意を示していれば
足を運ぶキッカケになるので良い。
◇忘れない様にするためには
夜もライトアップされて考えるようになる。
 
◇なんでライトアップするのがそんなに悪いのか?
神戸ルミナリエは良くて、
なぜ原爆ドームは悪いのか理解出来ない。
 
 
 
嫌い(反対)派の意見としては
 
◆原爆ドームは観光地ではない、
そこには多くの命が眠っている場所なので
ライトアップは反対。
 
◆綺麗なイルミネーションでは
悲しい気持ちにはなれない。
 
◆世界で唯一の被爆国だから
原爆ドームは他のものとは別もの。
 
◆今年は青、来年はピンクなど
エスカレートする可能性があるのが怖い。
 
 
皆さんはどう思いますか?
賛成ですか?反対ですか?
是非とも今、考えてみて下さい。
 
まずは自分の意見を持ってみて下さい。
 
私もすぐに自分は賛成か反対か考えてみました。
 
横に子ども(中2)がいたので
意見を聞いてみたら
「みんなそれぞれの考えでいいんじゃないの~」
と軽く一言。
 
 
賛成派も反対派も
どちらも一理あると思いますよね!?
 
私はこの時
「どのように伝えたら
子ども達に私の想いや意見が伝わるか?」
と試行錯誤しながら見ていました。
 
子どもに分かるように
伝えるのは本当に苦労します。
好きか嫌いかの
感情や感覚だけでは納得しないでしょうし、
難しい話だと理解出来ないと思います。
 
実はこれが私のトレーニングなのです!!
 
①難しい話をより簡単に
 
②簡単な話をより深く
 
③深い話をより面白く
 
 
私はセミナーやミーティング等、
人に伝える時は常にこれを意識しています。
(まだまだですけど・・・)
そして物事の本質を見極める価値観や
考え方などを持っていることが
何よりも大切です。
本質を見極める【眼力】とでもいいましょうか!
この番組では賛否両論が飛び交うなかで
最後に中村先生という教師の方が
眼力ある本質的な話をして、
賛否両論が一瞬にしてまとまる空気になりました!!
 
この先生は
「教科書に載ってるものは
『自分の目で』
見る!」
をモットーに日本中、世界中を見て体験して
子ども達に教えている先生なのです。
 
中村先生は意見はこんな感じでした。
 
「私は実際に
ポーランドのアウシュヴッツ強制収容所や
カンボジアのトゥール・スレン虐殺犯罪博物館に
行って見てきましたが、
共通して絶対にやってはいけない事があるのです。
それは
『歯を見せてはいけない!』
笑ってはいけないということです。
 
これらは観光地とは全く異なる場所なのです。
 
戦争による負の遺産は
絶対にそのまま残さなければいけないのです。
 
本当の悲惨さを学ぶべきなのです。」
 
さすが!!
 
みんなを納得させてしまうはずです!
 
様々な問題も
その本質が分からなければ
『考え』
『意見』
『行動』
が定まりません。
 
『信念』
『勇気』
『決断』
というようなエネルギーも
湧いてこないでしょう!?
 
 
私達大人が子ども達に何を伝えられるか!
 
親の責任、
大人の責任は
とても重いのです。
 
皆さんは子ども達に
物事の本質を伝えられますか?
 
深く考えさせられたお正月でした。
 
すべては子どもの未来のために❤

トゥール・スレンの貼り紙です。

「笑ってはいけない」と書かれています。
 
カンボジアのポル・ポト政権下で
1975年~1978年の約3年間で
100万~300万の大量虐殺がありました。

日本は人類史上世界で唯一の

原爆を落とされた国で、

原爆ドームは人類史上唯一の

残された戦争による負の遺産なのです。

Twitterで

最新情報をお届けしています☆