記憶に残る物語

昨日、1月11日に初射会がありました。
 
初射会は新年のお祝いの意もあり
通常の射会では使わない
『金的』という金色の的を参加者の皆で射ちます。
おめでたい時に行われる行事なのですが…
 
これがどうして、中(あた)らないのです!
 
それもそのはず
通常の的は36㎝なのですが
金的は9㎝の極小なのです!
狙ってもなかなか落ちません!

 

 
なので的中した時はとてもおめでたく、
超ラッキーで願いは叶う☆という代物です♪

 

 

 

当日は3つの金的を
参加者60人で順番に射ちます。

 

 

 

全ての金的が落ちるまで射ち続けますので

 

今回は1人、5~6回はチャンスは巡ってきたでしょうか♥

 

 

 

60人が5回としても300射で、
金的が3的ですから

 

 

今回は平均100射で
1つの金的が落ちた
という確率になります。

 

 

 

そしてその時はやって来ました!

 

 

1つ目の金的が落ちて、残るはあと2つ!

 

 

 

4回目の私の番が廻ってきました。

 

 

 

全身を使って大きく弓を引きました。

 

 

 

新春の大空に両腕で大きな虹を描くように

 

 

 

今、元気でこの場にいること
感謝の想いを矢に込めて

 

 

 

「天にとどけ!」

 

 

 

と金的を射ちました!
新春のイメージなので…

 

 

 

 

 

その瞬間

 

 

 

「とどきましたよ☆」

 

 

 

と金的の叫ぶ音が聞こえました!!

 

 

 

弓道の修練を重ねて
初めての金的との対話を体験しました。

 

 

 

もちろんこれは私の物語ですが
皆さんもそれぞれ物語があると思います。

 

 

 

人生は物語の積み重ねですから…

 

 

 

物語は人の意識、想い、心の働き、感情そのものです。 

 

 

 

今年は皆さんどんな物語をつくるのでしょうか?

 

 

 

記憶に残る物語をつくりたいですね♪

 

 

 

すべては子どもの未来のために☆ミ

参考写真ですが比較するとこんな感じです。

桔梗(ききょう)の射です♡  犬夜叉より…
子ども達がハマってたアニメのキャラクターなので
パパも好きになりました♪

Twitterで

最新情報をお届けしています☆