人は何のために生まれてきたのか?

私は仕事がら多くの人達から
よく質問されることがあります。
 

こんな感じです。
 
「どうしたら豊かな人生を、送ることができるのか?」
 
「どうしたら生きがいのある人生を送ることができるのか?」
 
「人生を変えるためには何が必要か?」
 

それに対していつもアドバイスすることは…
 

「自分がこの世に生まれてきた役割、
使命を考えてみて下さい。」と言います。

しかしこんなことをアドバイスされても
ピンときて答えられる人は
ほとんどいませんから安心して下さい。
 
だからイメージしてもらうためにこんな質問をしています。
 
「もし自分の子どもから(孫から)
こんなことを聞かれたら何て答えますか?

『人はみんなこの世に生まれてきたからには
役割や使命があると思うけど
ママ(パパ、おばあちゃん、おじいちゃん)の
役割とか使命ってな~に?』
 
これからこんなことを聞かれることを前提に
真剣に考えてみて下さい。
 
今、現在の自分なりの答えでいいですから…
またそれは将来的に変わっていっても構いませんので
考えて紙に書き出してみて下さいね☆」
 


ほとんどの人は日々の生活や仕事に追われて
そんなことを考える余裕もなく
人生を【生きる】というより
【消費している】という感じではないでしょうか?
 

もちろんこの世に生まれてきた役割、
使命を自覚している人は迷いもなく
魂が光り輝き元気にあふれて
活躍していることでしょう!
 


以前のブログでも書きましたが、
自分の役割とか使命はこの時代に生まれ、
この国、地域、環境、家族、性別、職業など
必ず意味があり必然性があるので
ヒントになるのです。
 
世界からみても日本は独特な文化をもち、
不思議な国なのですから。
 
こんな映像がありましたので参考にして下さい。
 
『不思議な国ニッポン』



この星の人々70億の魂は
今だ苦しみに満ちあふれています。
 
その魂達を光り輝かせるためには、
まず日本人々の魂を光り輝かせる事が必要なのです。
 
日本は世界の雛型であり、
世界の国々の見本になる役割があります。
 
私達、日本人の魂はその役割を担って
この国に生まれて来ています。
 
 
そして一般大衆の人々の意識改革
魂を目覚めさせるために何ができるのか?
 
大きな矛盾や困難があるこの星ですが
今の現実を創り出しているのは
私達ひとり一人の意識です。
 

今日をきっかけに自分がこの世に生まれてきた役割、
使命を考えてみてはいかがでしょうか?

使命に目覚める時、
魂は目覚め光り輝くのです。

 
最後に
船井幸雄 著 『人の道』 (1999年ビジネス社)より
「人は何のために生まれてきたのか?」の文章をご紹介します。
 

 私たちが何のために生まれてきたかといいますと、

それはもっと成長するためです。


この世に生を受けることによって、

私たちはより勉強するチャンスを得ました。


そのチャンスを活かして、自分の本質を向上させて、

あの世へと旅立てばよいのです。



 世の中というのは、人間も宇宙も含めて

すべての存在がよくなるようにできています。


その摂理にあった生き方をすれば、

とても楽に自分を向上させることができるようです。



 その自分というのは、肉体だけではありません。


私たちは本質的なものと肉体の二つからできていて、

本質的なものが肉体の中に入って、

出て行って、また入って・・・

ということが続くようです。


その仕組みによって宇宙がよくなり、

人間全体も個々の人間も、

またその本質もよくなると考えられます。



 いまの私は、世の中の構造を考えるにあたり、

サムシング・グレートの存在を仮定しています。


サムシング・グレートが、

宇宙の仕組みをつくったと思うのです。


サムシング・グレートというのは、

この宇宙をつくり運用している実体のことを、

仮にこのように名付けたものです。


筑波大学の村上和雄教授が名付け親です。


彼の著書『生命の暗号』(97年、サンマーク出版刊)を

参照してください。

(中略)


人間というのは、知的で理性的に勉強できる存在です。


知らないことを知り、多くの経験をつみ、ルール化できます。

それを心体だけでなく、魂のなかに蓄積していきます。


それを加速するために、肉体があり、

魂にいろんな勉強をさせてくれるのです。


人間として肉体を持って生きている間こそ、

最高に急速に成長発展できるはずです。



 人間は、生きたり死んだり、

輪廻転生を繰り返しながらやっていくようです。


なぜ、何度も生まれ変わるのかというと、それは

魂がよりいっそう多くの勉強をするためでしょう。


人間として生まれてきたということは、

すでにある程度までは勉強してきた魂であるはずです。


それでも、まだまだ不充分なので、

その魂がさらに勉強するために、

また人間として生まれてくると思われます。



 ところで、知らないことを知るというのが勉強です。


人間の特性というのは、知性があり、

知的に勉強できるという点です。


ですから、人間として生まれてきたからには、

生涯を通じて知的に勉強しなければならない

天命があるといえるでしょう。

(中略)



 アタマがよくなるとか、理性、知性、良心があるとか、

物を作ることができるというのは、人間の特性です。


したがいまして、

人間としての特性を活かす生き方をすることが、

人間として生まれてきた天命だということになるでしょう。



すべては子どもの未来のために☆

Twitterで

最新情報をお届けしています☆