みっくんの夢は?

月日が経つのはあっという間で
【光陰矢のごとし】
とはよく言ったものですね…
 
 
わが家の長男みっくんも
小学六年生になり、
最後の学習旅行で
10月25日から沖縄に行っています♪
 
 
沖縄では琉球からの歴史や
悲惨な戦争の体験談などを
ご存命の方から聞いたりして
学ぶことができます。

 

家ではよく二人でこんな会話をします。

 

パパ「パパのお仕事は何だっけ?」
 
みっくん「みんなの夢を叶えてあげる仕事。」
 
パパ「そうだよね!!ならばみっくんの夢は?」
 
みっくん「分かんない…」
 
 
ところが同じことを何度も聞いていると、
ある時に
 
「みっくんの夢は?」
聞くと
 
「世の中から悪い人を無くしたい」
と答えたのです!
 
その時パパは内心
「やはりこの魂ただ者ではないな!」
と確信しました。
 
 
また何週間たった後に
 
「みっくんの夢は?」
と聞くと
 
「世の中から戦争を無くしたい!」
と言うようになったのです!!
 
 
仮面ライダーやウルトラマンになりたい!
 
と感性が違いますよね(笑)
 
皆さんは子どもの頃は
どんな夢を持っていましたか?
 
 
その時パパがみっくんに言った言葉は
こんな感じでした。
 
「パパもみっくんと同じ夢を持っているよ!
パパと一緒にその夢を叶えよう☆」
 
 
そんなみっくんが沖縄に行って
どんな体験や学びがあるのか?
 
このブログを書いている今日、
28日に帰ってきますので楽しみにしています♪
 
 
ちーちゃんの時も同じでしたが、
沖縄の最終日に親からの手紙を
子どもに渡して読ませる授業があります。
 
その手紙を書いて欲しい!
と急にママから言われて・・・
 
パパからみっくんに送った手紙を
ここに紹介します。
 
 
みっくんへ
 
今回、沖縄に行って
どんなことを体験して、
感じましたか?
 
 
みっくんの夢は
『世の中から戦争を無くして
平和な世界にすること』
でしたね。
 
 
真剣に考えてみて下さいね!
 
 
戦争は多くの人々が死んでいきます。
そして皆が悲しみ、苦しみ、
悲惨な体験をします。
 
それは戦争が終わった後も消えません。
 
 
しかも人が武器を使って
人を大量に殺していきます。
 
戦争になると
人殺しをすればするほど
英雄になります。
 
核爆弾などを使えば
一瞬にして放射能で
地球上の生命は絶えてしまいます。
 
 
人間は誰も喜ばない戦争を
なぜ止めないでやり続けるのでしょうか?
 
 
今でも他の国では
戦争や争いは起こっています。
 
戦争は一人では出来ませんよね!?
 
戦争には大量の武器が必要になります。
戦闘機、戦車、ミサイル、弾薬、
化学兵器、潜水艦、核爆弾、
航空母艦など切りがありません。
 
ということは、
これらの大量の武器を造って
売っている人達もいる訳です。
 
 
そして戦争をするには
これを買うための莫大なお金が必要です。
 
 
こんなものに誰が
莫大なお金を出すのでしょうか?
 
 
それは…
 
 
皆が出しているのです。
 
国が皆から集めたお金。
 
『税金』です。
 
このお金で大量の武器を買うのです。
 
 
おかしな話しですよね!?
 
 
何で戦争は無くならないのか?
 
これが分かると
世の中から戦争を無くすことが
出来ると思います。
 
 
先日みっくんに
「戦争のつくりかた」
という本を教えてあげましたよね!
 
そこにもヒントがあるかも知れません。
 
 
テレビや新聞は
本当のことを教えてくれません。
 
 
大切なのは
「本当のことを知ろう」
と思うことです。
 
 
そして自分で調べて、
体験したりして
考えることです。
 
 
皆が当たり前だと思っている
常識というものは
全く意味がありません!
 
 
 
みっくんが小学校を卒業して
大人になる頃には
 
人間は何度も生まれ変わるという
生命の仕組みも分かるようになり
この地球以外の星の人達との
交流も当たり前になって、
他の星に旅行に行けるようになるでしょう!
 
 
みっくんが大人になってパパになり、
その子ども達は
「昔の人達は何であんなに
争いや戦争、放射能など…、
自分達が滅びることが分かっていながら、
しかも皆が望んでいないことを
やり続けることが出来たのだろうか?」
と思うことでしょう。
 
10月25日からの沖縄学習旅行の4日間は
みっくんの夢を叶えるための
大きなキッカケになることでしょうね!
一緒に夢を叶えよう☆
 
 
以上です。
 
 
 
子ども達にバトンを渡すのは
私たち大人からです。
 
 
私たち大人こそが
真剣に考えることなのです。
 
 
『どうしたら世の中から
戦争を無くす事が出来るのか?』
 
 
すべては子どもの未来のために☆

2004年に自費出版した冊子版は、

3万3千部を完売しました。

 

 

そちらを画像にして、

WEBで読めるようにしたものが

こちらでご覧いただけます。

       ↓

WEBで読む 戦争の作り方

 

 

書籍版「戦争のつくりかた」は、絶版となっていますが

9/11に「新・戦争のつくりかた」が、発売されました。

 

 

新・戦争のつくりかた

 

 

りぼん・ぷろじぇくと 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    オードリー (金曜日, 31 10月 2014 19:24)

    戦争も 食も 未来の子どもたちが 何であんな世の中にしてたんだろうと
    思う 幸せな未来を作る作り方
    そんな本が あったらと思います

Twitterで

最新情報をお届けしています☆