RIZE・ファーストライヴ in QEDクラブ

それにしても予想をはるかに越えた大盛況でした!
 
『RIZE・ファーストライヴ・QEDクラブ』
 
オーディエンスの皆さん、
熱狂的な声援ありがとうございました!!!
 
 
恵比寿の閑静な場所にある高級フレンチを貸切状態で
ロックライヴをやるのも驚きですが…
 
なんといっても私を筆頭にヴォーカルを除けば
全員素人で「人前で演奏なんてとんでもない!」
という集団です。
しかもたった3ヶ月の 期間で・・・
 
人生には上り坂、下り坂、「まさか!」
があると言いますが、
「まさか高校生時代のギターを引っ張り出して
人前で演奏するなんて!」
自分でも驚きました。
 
人間、歳を重ねるほど新しい事、やったことが無い事、
苦手な事、が出来なくなります。
これは誰もが持っている潜在意識の現状維持機能が働くからです。
更に失敗に対する怖れやプライドが重くのしかかり拒んでしまいます。
 
今回このライヴでギタープレイできたのも、
二年前に同じ場所QEDクラブで、
社交ダンスで皆さんの前でワルツを披露したのが
大きなキッカケになっているのです。
ギターはやったことがありますが、
社交ダンスは全くありません。
バンドは気の合う仲間5人でやりますが、
社交ダンスは1人でやらなけれ ばなりません。
もちろんパートナーはプロの先生ですが私がステップをマスターしなければ踊ることもできません・・・
自分との闘いです。
 
しかもわずか3ヶ月程の期間でマスターして、
全国からトップリーダーが集まる前夜祭のサプライズとして披露するのですから
(男性の場合は女性をリードそるので頑張って半年くらいかかるそうです…後で聞きました)
私の方がビックリして倒れそうでした!
 
 
それなのに何故チャレンジしようと思ったのか!?
 
新しい自分を見てみたかったからです。
 
チャレンジして失敗した後悔と、
やらずに「あの時チャレンジしておけば…」という後悔では
全く別のもので、失敗して恥ずかしい思いをしても
【努力】と【経験】という財産が残ります。
 
もし上手く成功したら、人生において忘れられない
感動や喜び、体験が得られ、
新しい自分を発掘することが出来ます。
 
成功しても失敗しても
皆さんに喜んでもらえることだけは
確かなことですから(笑)
この社交ダンスのチャレンジがあったことで自分の枠が外れ、経験が無いから…、無理だから…、失敗するから…、これらの出来ない理由を「だからチャレンジしよう!」という思考回路に変えることが出来たのです。
 
その延長線に弓道の昇段や今回のライヴの成功があると思います!
 
魂は経験、体験でしか磨かれません!
 
 
お陰さまで次回のライヴは10月に200名のライヴハウスでやることになりました!!
 
私の華麗な?ダンスを観たい方はリクエストして下さいね!次の機会には披露できるかも知れません♡
 
お正月には弓道姿はいかがでしょうか?
 
新しい自分を楽しんでいます♪
 
自分の可能性にチャレンジする過程に人生の喜びや成長があり、そして人の為に貢献することにもなるのです。
 
 
チャレンジ(挑戦)は
チェンジ(進化)の
チャンス(好機)
それはピンチから始まるのです
 
 

一度の人生

【人からどう思われるか!?】より

【自分がどう在りたいか!?】で

チャレンジし続けたいですね☆

 

Twitterで

最新情報をお届けしています☆