最高のサマーフェスin山口でした!

7月19日に山口県にある河村リゾートで
サマーフェスライヴをやりました。
 
 
今回の新ボーカル2名を加えてのロックライヴは
最高に盛り上がりました!
 
 
ツインボーカルはやはり迫力がありますね!!
 
 
実はこのライヴハウスは
3000坪の敷地内に造られた
個人所有のライヴハウスなのです。
 
 
音響、照明設備は最高の機材で
100名のオーディエンスが熱狂できる空間です。
 
 
その新築ライヴハウスのオープン記念ライヴですから
盛り上がらない訳がありません!
 
 
 
しかも
特別企画として
ロックライヴの後に
第二部として
アコースティックライヴをやりました。
 
 
これはギターとボーカルのデュオで
バラードをしっとりと楽しんで頂く
という趣向でやりました。
 
 
ギターはちろん私ですが、
ボーカルは新メンバーのマッキー
 
マッキーは数年前まで
プロの若手女性ボーカリストとして活躍していた
素敵な方です☆
 
 
しかも
ゆったりとした雰囲気で
くつろいで聴いて頂きたかったので
2回のステージをやらせて頂きました♪
 
 
マッキーは海外に住んでいたので
英語はネイティブスピーカーです。
 
やはり洋楽を歌わせたら最高です。
 
 
そしてそのハスキーヴォイスが
バラードにはピッタリなので、
オーディエンスに癒しの波動を
届けることが出来るのです♪
今回の特別企画があったので
私もこのアコースティックライヴのために・・・
 
新しいギターを用意しました!
 
 
皆さんに愛の波動をお届けするために♡
 
 
 
そのギターとは、
世界的にもアコースティックギターの最高峰と言われている
マーティン D-45 というギターです。
 
 
私も中学生からギターを始めましたが、
憧れていた名器のひとつです。
 
 
まさか自分が
この最高峰のギターを手にする事ができるなんて
想像も出来ませんでしたが、
 
 
その夢は確かに実現したのです☆
 
 
 
繊細な澄んだ音色と
強く弾くと空間に力強く響き渡る中低音の迫力は
やはりギターの最高峰
と言われているだけのことはありました!
そして更に全く想定外のサプライズがあったのです!
 
 
予定では全曲マッキーが歌うことになっていましたが
 
なんと…
 
 
 
私が一曲歌うことになったのです!
 
 
人前で歌うなんて…自分でもビックリしました。
 
 
 
「そんなの無理!!」 と思っていましたが、
上手い下手は別にして、
私が歌うことで皆さんが喜んで下さるならば…
と考え方を変えたらチャレンジすることが出来ました!
 
 
多くの人々に
喜びや感動を与えられる存在になれる
ということは
どんなに素敵なことでしょうか
 
 
私自身が
神様から大きなギフトを頂いたことが分かりました♡
 
 
 
 
もし、皆さんも何かをチャレンジする時に、
迷いや不安や躊躇を感じた時には、
 
 
どれだけ
 
「喜んでもらえるか!」
「お役に立てるか!」
「貢献できるか!」
 
を考えたら、
パワーが湧いてくるだけではなく、
更に見えない存在の方々からも応援されることは
間違いありません!
 
 
そして何よりも
『経験』
という財産を積み上げることによって
私達の魂は成長し、光り輝くのです☆☆☆
 
 
 
 
ちなみに、私がチャレンジした曲は
レッドツェッペリンの『天国への階段』という曲です。
 
 
ロックシーンの中でも不滅の名曲と言われているほどに
ドラマティックでスケール感の大きな曲です。
 
 
本来はバンドでやるのですが、
アコースティックギターだけで、
ほんの少しだけ歌わせて頂きました♪
 
 
レッド ツェッペリンのギタリストで
ジミー ペイジというスターがいますが、
私はジミー ペイジが
 『天国への階段』 を弾いている姿に憧れ、
イメージして高校時代にギターを練習していました。
 
 
いつかバンドで皆さんに披露できる時が来たら…
 
 
「こんな曲をジミーペイジみたいにカッコ良く
 みんなの前で弾けたらいいなァ~☆
 あ゛~ ジミーペイジと同じギターが欲しい♡♡♡」
 
と、いつも妄想していた高校生の夢が
実現したことが証明されるのです☆
 
 
ワクワク☆
 
ドキドキ♡
 
ハラハラ!
 
 
皆さんその日を楽しみにしていて下さい!
 
 
 
 
すべては子どもの未来のために☆

出来立てのライヴハウスでのリハーサルでは

ワクワク、ドキドキ!

 

 

熱気MAXのロックライヴでした!
 
 

最高のアンプで弾くギターの音は

とても伸びが良く

ギターも幸せだったと思います。

 

 

愛と癒しのアコースティックライヴでした♡

 

 

マーチン・ギターの最高峰として、

古くから多くのギタリストの憧れ「D-45」


世界を代表するようなアーティストからも、

絶大な支持を得ているモデルの1つです。

 


歴史の誕生は現在から80年以上前の

1933年に遡ります。


それは一人のカントリーシンガーの

オーダーから始まったと言われております。


そのシンガーの名は「ジーン・オートリー」


もしかすると彼がいなかったら、

"D-45"の歴史は全く別のものに

なっていたかもしれません。

 

ちなみに、

世界で最初の"D-45"のシリアルナンバーは#53177。


このオーダーモデルはヘッドに

トーチインレイなどが施された仕上げとなっており、
"D-45"の中で最も有名なモデルと言えるでしょう。

1933年~42年の間に

総数91本の"D-45"が製作されました。


この間に製作されたモデルが

「オリジナル D-45」と呼ばれております。

 


その後、第二次世界大戦が勃発し

生産は中断されてしまいます。


戦争の影響もあり、

その数は約半分程度になっているとも言われ、
現存する「オリジナル D-45」は

本当に貴重な存在となっています。


それから年月が経ち、1968年に生産が再開されます。

 

 

次回のライヴに向けて精進してまいります。
よろしくお願いします。
 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    オードリー (金曜日, 05 9月 2014 01:22)

    いつも楽しみしていて見ているのに…>_<…
    まだかな?と 思ったら いつの間にか 素敵なお姿が~~(≧∇≦)

    私も 天国への階段 大好きでした(≧∇≦)
    天国への階段 聞きたいです(*^^*)

  • #2

    Cheyenne Leeks (金曜日, 03 2月 2017 05:05)


    I'm really enjoying the design and layout of your website. It's a very easy on the eyes which makes it much more enjoyable for me to come here and visit more often. Did you hire out a developer to create your theme? Superb work!

Twitterで

最新情報をお届けしています☆